1. Home
  2. Q & A
  3. cardiology
  4. How to operate on preexcitation syndrome

How to operate on preexcitation syndrome

問題の解説1:興奮期前症候群の施術方法 補足説明:興奮期前症候群の施術方法 回答:興奮期前症候群は、後天的な発達異常による変化であり、この病気を予防する良い方法はありません。通常、疲労を防ぐために禁煙と飲酒に注意を払い、心理的および感情的な興奮を避けるために、上室性頻脈の発生を減らすことができます。

問題の説明 2: 早期興奮症候群の手術方法 回答: 早期興奮症候群は、房室バイパスとも呼ばれる、患者の房室間の異常な伝導チャネルの存在を指します。この方法のバイパス不応期は非常に短く、伝導速度も非常に速いです。この房室バイパスと正常な房室チャネルとの間にリエントリーループが存在し、リエントリー性頻脈を引き起こします.したがって、早期興奮症候群の主な危険性は、リエントリー性頻脈を容易に引き起こすことです.前興奮症候群を伴う心房細動

質問の説明 3: 早期興奮症候群の手術方法 回答: 心臓早期興奮症候群の手術は一般的に危険です。

WPW 症候群の手術は、基本的に低侵襲であり、介入によって行われます。人体に大きな外傷を与えることはなく、手術とは異なり開胸や手術を必要としません。ラジオ波焼灼療法は、早期興奮症候群を治す効果的な方法です。 WPW症候群の高周波頻脈患者に。方法 電極カテーテルを鎖骨静脈から心臓に挿入し、電気生理学的検出によって心臓領域の伝導異常または異所性ペースメーカーを検出し、カテーテル上部の電極を使用して抵抗電熱効果を発生させました。その結果、病的な心筋細胞が枯渇して死亡し、それによって早期興奮症候群を治療する効果が得られます。

日常生活では感情的にならず、疲労を避け、休息に注意することをお勧めします。食事は軽く、辛いものは避けてください。

質問の説明 4: 早期興奮症候群の手術方法 回答: 早期興奮症候群で適度な運動をすることができます。早期興奮症候群は、心臓に 1 つまたは複数のバイパスが成長することです. 簡単に言えば、それは長い道のりです. 事前に心室または心房を興奮させることができます. 頻脈発作がない場合、通常と違いはありません人は、心電図だけでも見られますが、この時期に頻脈があり、慌てている人もいるかもしれません. 病院に行ってラジオ波焼灼療法を受けると、深刻な問題なく治りますが、頻脈が心房の危険がある場合細動、病院に行かなければなりません。

Prev

What are the most common early symptoms of cardiac insufficiency

Next

How to treat keloids on chest



Contact us: