1. Home
  2. Q & A
  3. Neurology
  4. Is megagyrus misdiagnosed?

Is megagyrus misdiagnosed?

質問内容 1:巨頭奇形は誤診ですか? 補足説明:巨頭奇形は誤診ですか? 回答:おっしゃっている現象は、子供のMRIで巨大脳症、左右の脳に損傷が見られ、現在歩けない状態です。話す可能性は低い。これは後天的な脳の発達異常であり、特効薬はなく、通常は治すことができず、病気の進行を遅らせ、改善することしかできません。

質問内容 2: 大脳奇形は誤診ですか? 補足説明: 大脳奇形は誤診ですか? 回答: ご指摘の現象は、子供の MRI で巨大頭脳症、左右の脳に損傷が見られ、現在は歩けません。話すこと。これは後天的な脳の発達異常であり、特効薬はなく、通常は治すことができず、病気の進行を遅らせ、改善することしかできません。

設問内容3:巨大脳回の誤診の有無の補足説明:巨大脳回の誤診はありますか? 回答:巨大脳回は神経移行奇形の一種であり、神経移行奇形の量が増加します。専門の磁気共鳴検査により、患者に回変形があるかどうかを確認できます。一般に、誤診の可能性はほとんどありません。しかし、この病気は現在のところ臨床的な治療法がなく、経過を待つしかありません。子供の年齢が上がるにつれて、状況が改善される可能性があります。

問題解説4:胎児は大脳をどのように判断するのですか? 補足説明:胎児は大脳をどのように判断するのですか? 回答:あなたの説明に従って分析してください。感染症の発生を防ぐため、妊娠中は公共の場所への外出を極力避けてください。出生後どれくらい生きられるかは、胎児の生存能力によります。通常、出生後の生存期間はそれほど長くはありません。胎児頭蓋脳奇形は、後天性頭蓋脳形成異常に属します。妊娠中は、感染症の発生を防ぐため、公共の場所への外出はできるだけ控えてください。

Prev

Is bedridden an idiom?

Next

Irritable Bowel Syndrome



Contact us: